『映画レビュー集』更新情報をツイートでお知らせ♪♪映画レビュー集,今年の干支はうさぎ♪.gif映画レビュー集,今年もよろしくお願いします.gif


No.11 15分の映画-『ある街の軌跡』-



































































No.11

DATE 2009.10.30




15分の映画-『ある街の軌跡』-


『ある街の軌跡』。このドキュメンタリーがアメリカで静かな波紋を広げている。

原爆投下前に,確かにあった広島の日常。それがテーマの15分の映画。

南カリフォルニア大のポール・シェパードさんが製作,ロスの映画祭で上映された。

今後,ロスでの再上映をはじめ,アメリカ各地での上映が予定されている。

広島のCG映像作家が軸。彼は原爆前の町をCG再現するプロジェクトを成功させた。

子供の頃好きだったお菓子の店,味噌屋に八百屋,旅館。街並がCGでよみがえる。

CGで再現された町は被爆者の証言を聞きとり,住居の柱や窓一つまで正確を期した。

家の配置は米国立公文書館収蔵の広島原爆投下前の写真から割り出した。

家の中まで細かく再現され,未舗装の道に出れば、土ぼこりまで感じられる。

それでもなにか"がらん"とした印象。まるでさびれた廃墟をみているような。

軒先に野菜が並び,味噌屋には味噌の樽,旅館では宿帳が広げてあるが人がいない。

がらんとした郵便局に窓口がずらりと並んでいるのをみると余計にそう感じた。

郵便局で働く人たちは一瞬で死んだ。悲しさを通り越して恐怖すら感じてしまう。

人がいない町というものはこんなにも寂しくて,そして怖いものか。

核廃絶は是か非か。世界はそれを決める前に「原爆とは何か」を知ることだ。

そして,それを知るには人間の想像力が必要。この短編映画はその一助になる。


→今日はブログ外のHPにリンクしています。
『traces of A city』邦題:ある街の軌跡 毎日動画共有サイト(毎日新聞関連サイト)






映画レビュー集,映画のあらすじと詳しい解説,批評


この記事は「映画レビュー集|映画のあらすじと詳しい解説,批評」のおまけ記事です。その時どきのニュースに合わせて映画を紹介。

本業は映画の「解説とレビュー」。トップページをご訪問ください。





『No.11 15分の映画-『ある街の軌跡』-』のトップへ

『映画レビュー集』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
無料アクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。