『映画レビュー集』更新情報をツイートでお知らせ♪♪映画レビュー集,今年の干支はうさぎ♪.gif映画レビュー集,今年もよろしくお願いします.gif


No.16 "税金のちから"

































































No.16

DATE 2009.11.25




"税金のちから"


消費税引上げを容認する人が10人のうち6人。(11月24日付読売新聞世論調査)

同様に,10人中6人は税率引上げなしに現在の社会保障水準は維持できないと回答。

つまり,日本人の60%は税を負担しても社会保障を求めているということ。

少ない税金・自己責任の社会を作るか,高い税金・高福祉の社会を目指すか。

今の日本人は高福祉の社会を望んでいるようです。

お金がある人は少ない税金の方がいい。自分の面倒は自分で見られるからです。

しかし,大半の人は違う。例えば医療費が全額負担になったら,払える人は限られる。

1日入院しただけで100万以上かかる医療費をたやすく払える人はそうはいません。

年金や医療保険,介護保険や生活保護制度。いずれも"安心"のための制度です。

税金は国に"取られる"という感覚があるかもしれません。

しかし、その実、税金には「富の再分配」の機能があります。

所得税はその代表。所得税は所得が多い人ほど,多くの税金を負担します。

一方,消費税というのは富める者も貧しい者も均等に負担する税金です。

消費税のアップは所得の低い人の家計を直撃し,「格差」を埋めてはくれません。

税率を上げるのは不可避なのは確か。それではどの税金を上げるのか。

そこで,富める者に社会への還元を求めたら,不公平といわれるでしょう。

しかし,不公平といわず,それが"必要なこと"ということはできないでしょうか。

今の幸せを皆が享有できるように。

貧しさから這い上がった人の話は本になり,映画になります。

しかし,その陰には,社会の底辺から抜け出せない多くの人がいるのです。

今日の映画(逆説的な意味をこめて)→ここ






映画レビュー集,映画のあらすじと詳しい解説,批評


この記事は「映画レビュー集|映画のあらすじと詳しい解説,批評」のおまけ記事です。その時どきのニュースに合わせて映画を紹介。

本業は映画の「解説とレビュー」。お気に入りの映画はあるでしょうか? ぜひ、トップページをご訪問ください。


『No.16 "税金のちから"』のトップへ

『映画レビュー集』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
無料アクセス解析