『映画レビュー集』更新情報をツイートでお知らせ♪♪映画レビュー集,今年の干支はうさぎ♪.gif映画レビュー集,今年もよろしくお願いします.gif


No.17 マイケル・ジャクソンの死に寄せて

































































No.17

DATE 2009.12.21




マイケル・ジャクソンの死に寄せて


今年も年の瀬が近づき,1年を振り返るときが来ている。

どうしても忘れられないのはマイケル・ジャクソンの死。

彼の死は世界中の人々に強烈な一撃を見舞った。

マイケルのファンならずとも,いちどは彼の曲を聴いたことがあるはずだ。

彼のつくる音楽は記録的なヒットを飛ばし,世界中の人々が彼のダンスに熱狂した。

一方で,彼の人生はゴシップにまみれていた。訴訟に次ぐ訴訟。

1年で100件を超える裁判を抱えたこともあるという。

何をしても非難され,真意を勘繰られる。周囲の人間からは訴訟が起きる。

裁判に次ぐ裁判はマイケルの精神を蝕んでいっただろう。彼は姿を見せなくなっていく。

ラストのワールドツアーを行うと発表されたときも,マイケルの破産を疑う声があがった。

マイケルは完璧主義の人間だ。自らの人生そのものである音楽には"完璧"を求める。

だから彼は大成功をおさめ、「KING OF POP」とよばれる音楽界の頂点に上りつめた。

彼の成功は莫大な富を生んだが,その富は彼の人生を潤さなかった。

ある種の人々にとって、マイケルの潤沢な財産は,「いいカモ」に見えたのだ。

マイケルの音楽の魅力の一つはその歌詞にある。

恋愛を歌う曲も多くあるが,人間としての孤独や妬み,裏切りを歌う歌もある。

そして、人々の幸せや融和、そして世界の平和を歌う「Heal the world」。

この曲には、マイケルの生涯をかけたメッセージがこめられている。

財産をむしり取ろうとする人々は人間の醜い部分をさらけ出してしまった。

しかし,純粋にマイケルの音楽を愛する人も世界中にたくさんいる。

人間は醜悪さと美しさを併せ持つ。どちらか片方だけの人間はいない。

皆が少し優しさをみせたなら,マイケルの理想の世界に近づくことができるのだろうか。






映画レビュー集,映画のあらすじと詳しい解説,批評


この記事は「映画レビュー集|映画のあらすじと詳しい解説,批評」のおまけ記事です。その時どきのニュースに合わせて映画を紹介。

本業は映画の「解説とレビュー」。お気に入りの映画はあるでしょうか? ぜひ、トップページをご訪問ください。
『No.17 マイケル・ジャクソンの死に寄せて』のトップへ

『映画レビュー集』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
無料アクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。